ヘルスケアビジネスをアジアで展開

事業領域

私たちヘルスケアアジア株式会社の事業領域は以下のものです。

既に、私たちは日本での医療介護、その他の事業創造の実績や、アジアの数か国でビジネスの経験をもち、うまくいくこともうまくいかないことも体験してきました。現在でも、さまざまな国々でのリサーチを行い、またネットワークをつくり、地道に活動を行っています。

敢えてヘルスケアアジア株式会社を設立し、アジア、とりわけASEAN.での事業活動を行うことにしたのには理由があります。

  1. 1.少子高齢化や政策の失敗により、日本経済が逼迫し、これ以上の経済拡大が困難な状況にあること
  2. 2.ASEAN各国は、それぞれヘルスケアで成長しているが、まだまだその過程であり、日本のナレッジを活用した支援ができる可能性があること
  3. 3.日本の医療は益々疲弊し、慢性期や維持期(介護期)の医療に軸足を移す中、日本の医療を護る為には海外との交流を図り、切磋琢磨する環境創造が必要であること

これらの理由を基礎として、私たちは以下の事業を日本とアジアの間で行うこととしています。
病院・診療所経営、病院・診療所建設、病院・診療所経営コンサルティング、薬局経営、薬局建設、薬局経営コンサルティング、医師・看護師派遣、看護師・医療従事者教育、医療材料・消耗品の輸出入、薬品の輸出入、フィットネス経営、フィットネス経営支援、介護施設経営、介護施設建設、介護事業経営コンサルティング、介護バス事業経営、サプリメントの製造販売、飲食業

すでにいくつかの事業は、実際に活動を開始しています。
あらゆる機会を活用して私たちは成果をあげていきます。

ご興味のある方は是非私たちの行う事業に参画され、あるいは協力をいただき、
共に成果を享受していきたいと考えています。

なによりも私たちの活動が、小さいながらも閉塞感のある日本人に可能性を感じていただき、なんらかの行動を起こすきっかけになっていただくことを期待して、日々研鑽していきたいと考えています。